考えるだけでも楽しかった新しい家をいつか現実に

考えるだけでも楽しかった新しい家をいつか現実に

 

私達夫婦が購入した我が家は、中古住宅ですが、近くには新築の家が続々と建っています。

地域のタウン誌にもよく写真付きで紹介されていて、さすが新しいだけあって綺麗だし、その家庭それぞれのこだわりを感じ、正直ちょっと羨ましくなります。

実は私達夫婦も今の住まいを購入する前には、新しい家を建てることを考えていました。

リビングは広く、トイレは寝室の近く、独立した部屋は畳敷きの和室でと予算度外視でよくカレンダーの裏などに間取りを書き込んでいました。

具体的な計画ではなかったため、専門家に相談することもなかったので、実際に私達の描いた新しい家は建築可能なのか、可能ならばどれだけの予算が必要なのか、何も分かりません。ただ夢物語のように考えているだけでも、十分楽しかったのです。

わずかな蓄えからなんとか購入した現在の住まいですが、その夢物語のような新しい家を諦めたわけではありません。間取りを書き込んだカレンダーは、今もちゃんとしまってあり、いつか現実になる日を待っています。