玄関の前に緩やかな坂を設けて段差を無くした新しい家

玄関を、どうにかお年寄りが使い易いようにした新しい家を建てたいと言っていた友人でした。

脚の悪い母親のことを考えて、もっと歩きやすいようにしたかったのでした。

彼女の家の玄関は、ちょっと段差があります。

3段ほど上がらないと玄関に行けないのでした。

それをバリアフリーのようにするために、玄関の前に緩やかな坂にしたのです。

その緩やかな坂は、少し玄関よりも手前の方から歩いて行くような感じになっています。

車椅子でも容易に上がれるような感じにもなっていました。

そして、スロープまで取り付けてあるので、手を添えては安心して歩けるのも良いなと思ったところです。

玄関には段差がなく、お年寄りが転ぶこともないでしょう。

新しい家の玄関のドアは3枚開きの引き戸になっているので、とっても広く開くのも驚きました。

中に入るにも段差がなく、そのまま車椅子が簡単に入っているのも良いなと思ったところです。

外から玄関のドアの部分に来ると、明かりが自動的にパっと点灯するのも良いなと思いました。