新築した家が広くなって感動した出来事

以前に家族で家を新築したのを体験して色々な感想を持ちました。その時は子供だったので新築した家の印象を曖昧に記憶しています。しかし中が広くなっていて気分が良かった点ははっきりしています。

私はそれ以前の家が狭くて過ごすのが難しかったので悩んでいました。しかし自分は家族の相談に入れなくて大人たちの間で新築の話が進みました。そういった相談の後に工事をして新築の家に対する期待が膨らみました。

私は新築の場所に行って何度も様子を見たので面白かった記憶があります。そして新築した家に入ると新鮮な空気があってどこか嬉しくなりました。やはり新しい家というのは大きな期待が詰まっているので感動したのだと思います。

結局は新築した家で長く暮らしたので満足できたという思い出があります。また家族もその家で快適な暮らしをしていたので笑う機会が多かったです。それ以前の家は窮屈だったので移動が難しいという問題も抱えていました。新築した家の中は何人も通れたので最初に見た時はホテルのように感じました。