神奈川県で建売住宅を購入しました

横浜市に在住していますが、子供が生まれたことをきっかけにして、同じ県内で一軒家を購入するため休日になると不動産を訪問したり車で市内を探索していました。

お互いの職場にも近い処で、バスの駐車場を整備した建売住宅が販売されているのを偶然見つけました。10戸が公開されていたので内覧したところ、5千万円と少し高めでしたが4LDKの良い物件が見つかりました。駅までバスで15分かかるところが問題でしたが、数年後に地下鉄の駅ができることがわかったので契約することにしました。

お互いの貯金と多少親の援助を受けることで2千万円を頭金として準備することができ、残りを助成公社と金融公庫でローンの組むことにしました。

家を購入するときに、地盤沈下が問題になるので不動産に聞いたところ、長年バスの駐車場だったので地盤はしっかりしているとの説明を受けて少し安心しました。

購入する前に朝と夕方に訪れて地域の雰囲気を見てみましたが、車の交通量も少なく閑静な場所でした。夕方は街灯が少なくて暗い感じでしたが、心配するほどではなかったです。

地域の人と仲良くできるのか不安でしたが、最初の年に自治会の班長に選ばれたので参加したところお年寄りが多かったのですが、気さくな人が多くすぐに溶け込むことができました。