家づくりの際に大切な地震対策の体験談

地震がいつ起こるかわからないと言われています。特に日本は世界屈指の地震が多い国であるため、本当に怖いです。更に東京は関東大震災から約100年が経過していて、地震の危険性が特に高いとも言われています。

私が家づくりを行った時には、最初は地震のことはあまり考えていませんでした。耐震強度のことよりも、部屋の間取りや外装のデザインなどといったことばかりを考えていました。

しかし家づくりについて色々と勉強していると、耐震強度のことが本当に重要であるということがわかりました。特にマンションとは違って一軒家は大きさが圧倒的に小さいため、どっしりとした安定感はあまりありません。それだけに耐震対策はしっかり行わなければならないのです。阪神淡路大震災の時にも、耐震基準を満たした家は倒壊せずに、耐震基準を満たしていない家の多くが倒壊してしまったというデータも存在しています。

今の家づくりにおいては、耐震性が一番重要であると言っても過言ではないと思います。